HOME > 実務研修とは? > ケアマネージャー 実務研修内容(前期)

ケアマネージャー 実務研修内容(前期)

ケアマネージャーの実務研修は前期・後期に分かれており、 合計35時間以上行われます。

実務研修の前期は、講義中心の学習となります。

ケアマネージャーとしての心構えや基本姿勢、仕事や役割についての基礎部分の講義が行われ、その後に要介護認定基準や訪問調査の方法に関しての学習をすることになります。

また課題分析や居宅サービス計画作成の方法についても学習し、最後はより実践的な課題分析や居宅サービス計画作成の演習が行われるという流れです。

【1日目(約6時間)】

最初にオリエンテーションが実施され、実務研修の案内や注意事項の説明があります。

この時に実務研修で使用する教材も受け取りますが、かなりの分量になります。

またこの日に「介護保険制度」や 「介護支援専門員」の基本的な内容、 「介護支援サービスの基本」、 「要介護認定」などの基礎部分を学習することになります。

【2日目(約7時間)】

2日目は介護支援サービスの基本技術や課題分析(アセスメント)、要介護者のニーズの把握方法など、初日よりもより具体的な内容が講義されます。

【3日目】

3日目はケアプランの作成や実習オリエンテーションを行い、後期の講義につながっていきます。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック