HOME > 実務研修とは? > ケアマネージャーの実務研修について

ケアマネージャーの実務研修について

ケアマネージャー試験に合格しても、すぐケアマネージャーになれるわけではありません。

ケアマネージャー試験に合格した人は、合格通知と共に実務研修の案内が届きます。

実務研修は前期と後期に分かれており、講義や実務について学習していくことになります。

実務研修は都道府県別に実施され、システムは各都道府県によって違いが見られます。

例えば受講料などは、5,000円〜20,000円と金額にも幅があります。

実務研修は、保健・医療・福祉の各分野における講師によって実施されます。

実務研修の曜日は決められていませんが、通常は前期・後期の2つに分かれていて、合計で35時間以上(前期・後期それぞれ2〜3日ずつ)行われることになります。

注意すべきことは、この実務研修を欠席するとケアマネージャーの資格はもらえないということです。

研修を1日でも欠席すると、ケアマネージャーの資格はもらえません。

医療や福祉の現場で働いている方にとって、スケジュールの調整は難しいと思われますが、必ず実務研修には参加しましょう。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック