HOME > 試験対策について > ケアマネージャー試験の注意事項

ケアマネージャー試験の注意事項

ケアマネージャー試験を受ける際の注意事項を簡単にまとめておきます。

【試験の30分前(午前9時30分)までに試験会場に着いておくこと】

9時30分から試験に関しての注意事項や連絡があります。

試験開始の10時までなら遅刻は許されますが、試験が開始されると原則として受験できなくなります。

悪天候や交通事故の場合は、試験総本部が状況を判断します。

【退出時間は、試験が始まってから30分後より許可されます】

 いくら早く解答を終えたとしても、試験開始から30分以内は退出できません。

【受験票を忘れない。】

受験票を忘れてしまうと試験は受験できませんので必ず受験票は、忘れないようにしましょう。

【HB鉛筆とプラスチック消しゴムを忘れない】

 解答はマークシートなので、HB鉛筆とプラスチック消しゴムを持っていきましょう。

【携帯電話や携帯パソコンの使用禁止】

試験会場では携帯電話やポケベル、携帯パソコンの使用は一切認められていません。

これらのものは試験会場に持ち込まないようにしましょう。また試験会場では、外部からの電話も一切受けられないので注意してください。

不正行為があった場合は、合格は取り消されます。

十分に気をつけてください。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック