HOME > 試験対策について > ケアマネージャー試験の受験資格

ケアマネージャー試験の受験資格

ケアマネージャー試験は、誰でも受験できるわけではありません。

ケアマネージャーは、保健・医療・福祉の分野に関しての知識や技能が要求される非常に専門的な職種であるため、それに応じた受験資格が設けられています。

ケアマネージャー試験は、保健・医療・福祉の分野に関しての資格や実務経験のある方にのみ受験資格が与えられます。

ケアマネージャー試験を受験するために必要な資格として、以下のようなものがあります。

【医療、保健、福祉に関する国家資格の保有者】

医師、看護師、准看護師、歯科医師、歯科衛生士、薬剤師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、助産師、精神保健福祉士、社会福祉士、視能訓練士、保健士、義肢装具士、栄養士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師 など

しかし、上記の資格を持っているだけでは受験資格は得られません。

ケアマネージャー試験の受験資格は、さらに「5年以上の実務経験」があり、「900日以上の従事日数」が必要となるのです。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック