HOME > 試験対策について > ケアマネージャー試験の問題形式

ケアマネージャー試験の問題形式

ケアマネージャー試験の問題形式は、マークシート式で実施されます。

またケアマネージャー試験の過去の問題は、多肢択一方式と多肢選択方式に分かれています。

ケアマネージャー試験の試験時間は、通常は午前10時〜12時までの120分となっています。

ただし身体障害者の方などで、受験するにあたって特別な配慮が必要とされる方に対しては、特別な受験時間が割り当てられます。

・ 点字受験者の場合……180分(通常時間の1.5倍)
・ 弱視などの受験者……156分(通常時間の1.3倍)

またケアマネージャー試験には、 解答免除の制度があります。

医師や介護福祉士など、保健、福祉、医療の分野において資格を持っている場合は、一定の問題が免除されます。

試験問題の免除がある場合、試験時間は短縮されます。

短縮時間は、1問につき2分が引かれることになります。

【ケアマネージャー試験・出題の形式】

・介護支援分野……25問
・保健医療・福祉サービス分野……基礎:15問、総合:5問
・福祉サービスの知識等……15問


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック