HOME > 試験 分v析 > ケアマネージャー試験の採点方式

ケアマネージャー試験の採点方式

ケアマネージャー試験に合格するためには、介護支援分野と保健医療・福祉サービス分野のそれぞれの項目で一定以上の正答率が要求されます。

ケアマネージャー試験に合格するためには、それぞれの分野で基準以上の得点を取り、さらにその合計が合格基準ラインを超えていなければなりません。

また採点では「保健医療・福祉サービス分野(20問) 」と「福祉サービスの知識(15問) 」は一つの分野として計算されることになります。

ケアマネージャー試験に合格するためには、各分野で80%以上の正解を目指しましょう。

【採点方式と合格基準の一例】

・ 介護支援分野……17点以上/25問中
・ 保健医療・福祉サービス分野……免除なしの場合:24点以上/35問中
  a、医師・歯科医師……11点以上/15問中
  b、介護師、准看護師、薬剤師、保健師、栄養士など……13点以上/20問中
  c、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士……13点以上/20問中
  bとc……3点以上/5問中


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック