HOME > 試験 分析 > ケアマネージャー試験の傾向

ケアマネージャー試験の傾向

ケアマネージャー試験の難易度は、年々高くなっています。

1998年、第1回目のケアマネージャー試験が実施された当時は、ケアマネージャーが人員不足だったため、絶対数を確保する必要性から試験は比較的簡単でした。

しかし2000年に介護保険制度が始まり、 ケアマネージャーの人員が必要最低限に達したという判断もあり、資格取得が難しくなりました。

さらにテキストも改訂され、試験問題のレベルも高くなりました。従来までと違い、より実践的な問題が増えたのです。

事実、ケアマネージャー試験の合格率は、年々低下の傾向にあります。

1998年は合格率44.1% (受験者数207,080人)だったのに対し、近年は約30% 程度となっています。

今後、ケアマネージャー試験で合格を目指す人は、過去問だけを取り組むだけではいけません。

単に物事を暗記するだけでなく、それが何を意味しているのかまで正確に把握する必要があります。

今後もケアマネージャー試験の難易度は高くなると予想されますが、それだけケアマネージャーの能力向上に期待が高まっているとも言えるでしょう。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック