HOME > どんな能力が必要なの? > 情報収集能力

ケアマネージャーに必要な能力:情報収集能力

必要が生じて介護のサービスを受けたいと思っても、介護の専門家ではないよう介護者やその家族は、どこにどんなサービスがあるかを知らないことがほとんどです。

そこで必要となるのが、ケアマネージャーの情報収集能力です。

ケアマネージャーは、要介護者やその家族のニーズを聞き取って、適切なサービス情報を提供していきます。

当然ケアマネージャーは、サービスの内容や費用を熟知しておく必要があります。

さらには現在のサービスの受け入れ状況や、空き状況も把握しておかなければなりません。

いざサービスを利用しようと思っても、現在は利用できない状況だと、要介護者との信頼関係にひびが入ります。

ケアマネージャーは常に、サービス提供事業者に関しての最新情報を把握しておく高い情報収集能力が要求されます。

また適切な情報を提供していくためにも、要介護者に関する分析能力も必要とされます。

つまり要介護者の身体の状態や家族について、また家の構造などから、どんなサービスが適しているかを分析し、判断していかなければなりません。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック