HOME > どんな能力が必要なの? > コミュニケーション能力

ケアマネージャーに必要な能力:コミュニケーション能力

ケアマネージャーにとって、コミュニケーション能力は欠かせないものです。

要介護者やその家族と信頼関係を築き上げ、適切なサービスを提供していくためには、コミュニケーション能力は非常に重要と言えます。

コミュニケーションのポイントは、以下の3つに要約することができます。

1 相手の話に十分に耳を傾ける。
2 相手の話した内容をきちんと受け止め、理解する。
3 自分の考えていることを、相手に適切に伝達する。

またコミュニケーションには、言語による「言語コミュニケーション」と、仕草や表情による 「非言語コミュニケーション」があります。

特にケアマネージャーは、言語以外の死誤差や声の調子から、相手を理解する能力が要求されます。

ケアマネージャーは高いコミュニケーション能力を持って援助を行いますが、援助技術としてバイスティックの7原則というものがあります。

1 個別化
2 意図的な感情の表出
3 統御された情緒的関与
4 受容
5 非審判的態度
6 自己決定
7 秘密保持


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック