HOME >どんな能力が必要なの? > インテークに関する能力

ケアマネージャーに必要な能力:インテークに関する能力

インテークとは、初回相談時などに行う面接のことです。

インテークはこれから介護を受けようとする要介護者とその家族にとって重要なステップであり、サービスを提供していくケアマネージャーにとっても大切です。

要介護者やその家族は、たくさんの問題に悩みながら相談に訪れます。

電話や来所で悩みを打ち明けるわけですが、ケアマネージャーはこの時、話しやすいような雰囲気を作り、悩みや相談をうまく受け止めなければなりません。

このインテークの際のケアマネージャーの対応が、今後の信頼関係の構築に大きく影響すると言っても過言ではありません。

要介護者とその家族は、インテークでケアマネージャーがどれだけ親身に、誠意を持って対応してくれるかを見ているからです。

インテークは一度で終了するわけではなく、 何度か行うことで要介護者やその家族の隠れたニーズや悩みを掘り起こしていきます。

そしてインテークしたケアマネージャーを担当ケアマネージャーとするかどうかの意思確認や、契約についての説明も行います。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック