HOME >ケアマネージャーの役割> ケアマネージャーと介護保険制度について

ケアマネージャーと介護保険制度について

2000年4月から介護保険制度が導入されました。

介護保険制度下では40歳以上の人が介護保険料を支払うことで、介護が必要になった時に適切なサービスが受けられる仕組みになっています。

寝たきりや認知症などで介護が必要な人に対して、保健や医療、福祉の総合的な支援を受けられるサービス制度が、介護保険制度なのです。

この介護保険制度の中核を担っているのが、介護支援専門員 (ケアマネージャー)です。

ケアマネージャーは利用者の調査を行って、介護が必要かどうかの判断を下し、介護な必要な場合には介護支援計画を立て、サービスが円滑に行われているかの評価を下します。

ケアマネージャーの仕事を行うためには、介護保険制度をはじめとする保健や医療、福祉の総合的な専門知識と経験が必要となります。

つまりケアマネージャーは、介護保険制度において非常に重要な立場にあるのです。

それは2003年の介護報酬の改定や見直しが行われた中で、ケアマネージャーの報酬だけが増加したことからもよく分かります。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック