HOME >ケアマネージャーの役割> モニタリング・認定更新援助

ケアマネージャーの役割:モニタリング・認定更新援助

ケアマネージャーの役割として、モニタリングと認定更新援助と呼ばれる業務があります。

【モニタリング】

ケアマネージャーはサービスを受ける要介護者に会って、提供されたサービスが問題なく利用できたか、どんな問題があったかを聞き取ります。

これをモニタリングと言います。

またサービス提供事業所に対しても、要介護者に適切なサービスを提供できたか、サービスの利用時間に問題はないかを質問して確認作業を行います。

【要介護認定更新などのサポート】

介護保険の要介護認定には、有効期限があります。

期限が切れる1ヶ月前に市町村から認定更新の通知が届けられるので、これを更新しなければなりません。

申請は要介護者や家族が行うこともできますが、ケアマネージャーが代行することも可能です。

またサービス提供中に要介護者の状態が悪くなり、介護度が変わった場合は、変更区分の申請を行います。

この作業も要介護者や家族が行っても構いませんが、ケアマネージャーが代行することもできます。

変更区分の申請を行う場合には、変更の理由も明記しなければなりません。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック