HOME >ケアマネージャーについて> ケアマネージャーの倫理

ケアマネージャーの倫理

ケアマネージャーはその職業柄、要介護者やその家族のプライバシーに踏み込むことになります。

その際、ケアマネージャーに求められる倫理として、以下のものがあります。

【1 人権尊重】

ケアマネージャーにとって、要介護者の人権を尊重するということは絶対的な倫理と言えます。

ケアマネージャーがサービスを提供する際に、要介護者の人権を守ることはもちろんのこと、その家族の人権も侵害しないよう常に配慮しなければなりません。

【2 プライバシーの保護】

ケアマネージャーはサービスを提供する上で、要介護者のプライバシーを守り、要介護者が不利益をこうむらないよう細心の注意を払わなければなりません。

家族関係を含めた個人情報は、要介護者の了解なしに洩らしてはなりません。

【3 社会的責任】

ケアマネージャーは介護支援サービスの全過程において要介護者をサポートし、支えていく重要な職業です。

そのためケアマネージャーは介護の専門家として、 社会的責任を持つ存在であることを自覚しながら業務を行わなければなりません。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック