HOME >ケアマネージャーについて> ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは、2000年の介護保険制度の導入に伴って定められた資格で、正式名称を「介護支援専門員」と言います。

介護保険法において、ケアマネージャーは以下のように定められています。

「要介護者等からの相談に応じ、及び要介護者等がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス又は施設サービスを利用できるよう市町村、居宅サービス事業を行う者、介護保険施設等との連絡調整等を行う者であって、要介護者等が自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門知識及び技術を有するものとして政令で定める者をいう」

ケアマネージャーは要介護者やその家族に対し、どんなサービスを希望しているのかを理解し、必要なサービスが受けられるようサービス提供事業者に手配します。

ケアマネージャーの主な仕事は、以下の3つに要約することができます。

1 要介護認定に関する業務
2 ケアプランの作成
3 ケアプランにおける給付管理

ケアマネージャーは介護保険制度の中心であり、介護サービスをサポートするプランナーと言えます。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック