HOME > 保険給付について > 介護給付とは?(居宅介護サービス)

介護給付とは?(居宅介護サービス)

介護給付とは、要介護者に対して行われるサービスのことです。

介護給付の対象となるのは、「要介護状態にある65歳以上の方」や 「40歳以上65歳未満の方で、老化に伴う病気のために介護や支援が必要な方」と定められています。

介護給付には、大きく「居宅介護サービス」 と「施設介護サービス」があります。

居宅介護サービスには、以下のような種類があります。

居宅介護サービスの種類

【a 訪問介護】

ホームヘルパー(訪問介護員)が要介護者の居宅を訪問して、日常生活のサポートを行うことです。

【b 訪問入浴介護】

専用の入浴者が要介護者の居宅を訪問して、入浴介護を行います。

【c 訪問看護】

看護師などが要介護者の居宅を訪問して、世話や診療補助を行います。

【d 訪問リハビリテーション】

理学療法士や作業療法士などが要介護者の居宅を訪問し、リハビリテーションを実施します。

【e 居宅療養管理指導】

医師や歯科医師、薬剤師などが要介護者の居宅を訪問して、必要な治療を行ったり、療養の指導や管理などを行います。

【f 通所介護】

「デイサービス」「日帰り介護」と呼ばれるものです。

デイサービスセンター(日帰り介護施設)などに通って、日常生活の世話を受けたり、機能訓練を行ったりします。

【g 通所リハビリテーション】

介護老人保健施設やデイケアセンターに通って、リハビリテーションを受けます。

【h 短期入所生活介護】

「ショートステイ」と呼ばれるものです。何らかの事情で家族が介護できない時に、短期間だけ入所し、日常生活の世話を受けたり、訓練を行ったりします。

【i 短期入所療養介護】

医療的な支援が必要とされる場合に、短期間だけ入所して、介護や機能訓練、医療や生活上の世話を受けることです。

【j 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)】

認知症の要介護者のためのサービスで、共同生活の場を設けて、日常生活における世話や機能訓練を行います。

【k 特定施設入所者生活介護】

有料老人ホームやケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)に入所して、日常生活における世話を受けます。

【l 福祉用具貸与】

車椅子などの福祉用具を貸し出すサービスです。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック