HOME > 介護支援サービスについて > 介護支援サービスの基本的理念と意義等

介護支援サービスの基本的理念と意義等

介護支援サービスの基本的理念や意義には、次のようなものがあります。

【1 主体性の尊重】

ケアマネージャーは、要介護者が自立した生活を送れるよう支援します。

しかしケアマネージャーと要介護者の関係は対等で、ケアマネージャーは要介護者とその家族の主体性を尊重しなければなりません。

【2 自立支援を支えるサービス】

ケアマネージャーは、要介護者とその家族の生活全体を把握する必要があります。

その内容として、以下のようなものを挙げることができます。

・ 身体状況:日常生活動作(ADL)や手段的日常生活動作(IADL)
・ 心理面:対人関係や精神的な健康状態
・ 住環境面:居住形態(一戸建て、マンションなど)
・ 生活状況:経済状況やサービスの利用状況
・ 家族の機能・役割または親戚の有無や支援状況
・ 地域との関係:近所との関係
・ 要介護者やその家族によく起こる問題点の把握

【3 家族介護者への支援】

ケアマネージャーは家族全員の介護負担を軽減させ、家族の健康面に関しても気をつける必要があります。

【4 サービスの調整】

ケアマネージャーは、要介護者の問題点と各種サービスを一箇所で結び付けます。

そうすることで要介護者は、保健や医療、福祉サービスを統合して受けることができるようになり、高い生活の質(QOL)を享受することができます。

【5 チームアプローチ】

介護支援サービスは、保健・医療・福祉を統合したサービスです。

そのため各専門家によるチームでの取り組みが重要になります。ケアマネージャーはサービス担当者会議を開催して、互いにコミュニケーションを取り、情報を共有するように推進していきます。

【6 適切なサービス利用】

介護支援サービスによって、必要なサービスを提供し、不要な重複をなくすことができる。

介護支援サービスで効率的・効果的なサービスを提供することができる。

【7 社会資源調整】

介護支援サービスによって、介護保険給付サービスだけでなく、インフォーマルサポート(ボランティアや近隣のサポート)を統合することができる。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック