HOME > 介護支援サービスについて > 介護支援サービスの過程

介護支援サービスの過程

介護支援サービスの過程は、大きく「課題分析(アセスメント)」、 「介護サービス計画(ケアプラン)の作成」、 「サービスの仲介や実施」、「サービスの継続的な管理(モニタリング)・評価」の4つに分けることができます。

【1 課題分析(アセスメント)】

ケアマネージャーは、サービス計画(ケアプラン)を作成するにあたって、要介護者の状況やニーズを把握するためにアセスメント (課題分析)を実施します。

【2 介護サービス計画(ケアプラン)の作成】

ケアマネージャーはアセスメントに基づいて、要介護者が抱える問題の解決のためにサービス計画(ケアプラン)の原案を作成します。

しかし在宅サービスにするか、施設サービスにする家など、サービスの選択は要介護者自身が最終的に選択します。

【3 サービスの仲介や実施】

ケアプランの原案に基づいて、ケアマネージャーはサービス担当者会議を開催します。サービス担当者会議は、適切なサービスを提供することを目的に実施されます。

この場でケアマネージャーは、各サービス提供者とサービスの提供内容や情報の交換を実施します。

【4 サービスの継続的な管理(モニタリング)・評価】

サービス開始後、ケアマネージャーは利用者に会って、提供されたサービスが問題なく利用できたかを定期的に確認します。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック