HOME > 介護支援サービスについて > 介護支援サービスとは

介護支援サービスとは

介護支援サービス(ケアマネジメント)は、被保険者の自己負担なしで利用できる唯一のサービスで、介護保険の給付サービスとして位置づけられているものです。

ケアマネージャーが介護支援サービスを実施する際には、要介護者(要支援者)が抱えている問題やニーズを正確に把握し、サービス利用計画の作成をして利用者の求めている介護サービスを提供しなければなりません。

また介護支援サービスは、要介護者の選択による自立支援を目的としたものである必要があります。

介護支援サービスは保険給付のサービスに限定されず、介護保険制度の基本理念に基づき、介護する家族と要介護者を総合的にサポートするものでなければなりません。

【介護支援サービスのあり方(介護支援専門員基本テキストより)】

1 高齢者介護に対する社会的支援を行う。
2 高齢者自身がサービスの選択を行う。
3 在宅介護を重視する。
4 予防やリハビリテーションを充実させる。
5 総合的、一体的、効率的なサービスを提供する。
6 市民の幅広い参加と民間活力を利用する。
7 社会連帯によって支え合う。
8 安定的かつ効率的な事業運営と地域性を配慮する


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック