HOME > その他の仕事について >居宅介護支援事業者の業務

居宅介護支援事業者の業務

居宅介護支援事業者の業務の流れは、以下のようになっています。

【1 利用者のニーズ確認】

契約を結んだ利用者がどんな問題を抱えているかの課題分析を行い、どんなサービスを要望しているのかを確認し、把握します。

【2 サービス計画の原案作成】

課題分析の結果に基づいて、サービスの目標や達成時期を踏まえたサービス計画の原案を作成します。

【3 サービス担当者会議の開催】

サービス担当者会議を開催し、作成されたサービス計画の原案の内容に関して、専門家である担当者からの意見を求めます。

【4 サービス計画の作成】

作成されたサービス原案に関して、利用者の同意を得ます。

【5 サービス提供】

ケアマネージャーは利用者やサービス事業者と連絡を取り合い、サービスの実施状況を常に把握すると共に、必要に応じてサービス計画の変更などを行います。

【6 給付管理】

サービス計画通りにサービスが提供されたことを確認し、国保連に報告します。

【7 介護報酬】

国保連に対して居宅介護支援事業者の実績を報告します。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック




オススメサイト
エコキュートはこちら
エコキュートの価格や仕組み・補助金などの基礎知識をまとめています。