HOME > その他の仕事について > 居宅介護支援事業者とは?

居宅介護支援事業者とは?

居宅介護支援事業者とは介護保険制度によって設立されたもので、ケアマネジメント(居宅介護支援)を実施する事業者のことを言います。

居宅介護支援事業者は、一般的には訪問介護や訪問看護のサービス提供事業者を兼ねています。

居宅介護支援事業者の人員基準として、常勤のケアマネージャーを1名以上配置することが義務付けられています。

また利用者50名ごとに、ケアマネージャーを1名増やす必要があります。そしてケアマネージャーのうち1名が、管理者となります。

居宅介護支援事業者は、要介護者(要支援者)が居宅で介護保険のサービスを適切に利用できるように、様々な手続きを行ってサポートします。

介護認定を受けた要介護者はケアプランを作成する必要がありますが、これは容易なことではありません。

その代行を行うのが、居宅介護支援事業者です。

常勤のケアマネージャーが要介護者の状態やニーズに応じて、ケアプランの作成を行うのです。

またケアマネージャーはそのケアプランに基づいて、利用者が適切なサービスを利用できるよう様々なサポートを行っていきます。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック