HOME > どんな所で働くの? > 訪問看護ステーションとは?

ケアマネージャーの職場:訪問看護ステーションとは?

訪問介護ステーションとは、自宅での介護を望む高齢者の方に、日常生活における介護や看護などのサービスを提供する機関です。

病気や怪我などで寝たきりの方、脳卒中の後遺症などでリハビリが必要な方、認知症の方など介護が必要とされる方の中には、住み慣れた自宅を離れたくないという人も少なくありません。

訪問介護ステーションは、そのような自宅での介護を求める高齢者に対して、必要なサービスを提供していきます。

訪問介護ステーションを開設している機関として、「医療法人や医師会」 、「社会福祉法人」 、「看護協会」 などが挙げられます。

訪問介護ステーションは医師の指示を受けながら、利用者のニーズに応じた訪問介護サービスを実施していきます。

そして訪問する医師や看護師がケアマネジメントに基づいたサービスを実施することで、訪問介護ステーションはより質の高い介護サービスを提供できるようになります。

訪問介護ステーションを利用するには、医療保険や老人保健、介護保険のいずれかの受給資格のある方など、利用条件が定められています。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック