HOME >どんな所で働くの?>介護療養型医療施設とは?

ケアマネージャーの職場:介護療養型医療施設とは?

介護療養型医療施設とは、介護認定で「要介護」と認定された65歳以上の方で、治療によって病状が安定している方が長期間入所して療養する施設です。

介護療養型医療施設において要介護者は、療養上の管理や看護、医学的管理の下、日常生活の世話や介護を受け、 在宅に復帰するためのリハビリテーションを行います。

短期間入所の介護老人保健施設と異なり、介護療養型医療施設では長期に渡って医療サービスを受けることができます。

またサービスの内容も、介護が中心となります。

介護療養型医療施設には談話室や浴室、食堂の他に機能訓練室などの設備があり、医師や薬剤師、理学療法士及び作業療法士、介護職員、看護職員、栄養士、ケアマネージャーが配置されています。

重度の認知症の方に対しては、それら専門のスタッフが常に介護や医療のサービスを提供します。

このため介護療養型医療施設の入所にかかる費用は、「要介護5」の場合で50万円近くが必要となります。

これは他の施設と比較して、医師や看護師の数が多いためです。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック