HOME > 仕事内容について > 要介護認定のための訪問調査とは?

ケアマネージャーの仕事:要介護認定のための訪問調査とは?

ケアマネージャーの主な業務の一つとして、要介護認定に関する業務があります。
介護保険の給付を受けるためには、要介護認定を申請しなければなりません。

ケアマネージャーはこの要介護認定の申請を代行することができるのです。

さらに要介護認定のために訪問調査が行われますが、これをケアマネージャーが行うこともあります。

通常、要介護認定のための訪問調査は、市町村職員の業務です。しかし申請者が他県で家族と暮らしていたり、他県の病院で入院しているケースもあります。

そのような場合、一人の訪問調査のために時間と交通費をかけるのは、あまりにも非効率的です。

そこで市町村職員は、近くの居宅支援事業所のケアマネージャーに訪問調査の委託を行うのです。

原則として訪問調査は、ケアプランを担当しているケアマネージャー以外のケアマネージャーが行います。

この時の訪問調査は、全国で統一された訪問調査用紙を用います。

この訪問調査の結果によって、要介護認定の一次判定が下されることになります。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック