HOME > 仕事内容について > ケアプランにおける給付管理とは?

ケアマネージャーの仕事:ケアプランにおける給付管理とは?

ケアマネージャーがケアプランを作成し、サービスが実施されると、サービス提供事業者は1ヶ月のサービス実績をケアマネージャーに伝えます。

ケアマネージャーはその実績に基づいて、給付管理票を作成します。給付管理票は翌月の10日までに国保連に対して費用の請求するために作成されます。

この時ケアマネージャーは、「居宅介護支援介護給付費請求書」も同時に作成します。

これはケアマネジメント費用請求のためのもので、給付管理票と共に国保連に提出します。

給付管理票とは1ヶ月間に実施されたサービスの種類や単位数などを記録したものです。

給付管理票に記録されるのは実際に行われたサービスとなっているので、ケアマネージャーはケアプラン通りにサービスの提供が行われたかを確認しておく必要があります。

もし当初のサービス計画と実際に行われた実績に差がある場合は、ケアマネージャーは単位数の変更を行って修正します。

一方国保連では、ケアマネージャーが作成した給付管理票とサービス事業者から提出された介護給付費請求書の請求が合致しているかをチェックし、各サービス事業者に給付費を支払います。


実績のある講座でケアマネージャー試験を合格したい方へ

ケアマネージャーの通信講座 実績NO1

▽ ユーキャン

ケアマネージャーの試験を受けるからには、絶対合格したいですよね。

ユーキャンは、今までの受講生が1800万人と実績も申し分なく、
多くの合格者を生み出しています。

テキストは、図解やイラストを豊富に使って理解しやすく編集され
ており、実務経験がなくても無理なく理解できる内容になっています。

ユーキャンでは、試験傾向を分析し、出題傾向の高いところを中心に学習でき
る教材を使用しているので、無駄のない勉強ができます。

サポートも充実しており、学習中にわからないことが出てきたら、 何度も質問する
ことができます。

質問する際は、郵便、FAX、メール、いずれもOKなので、わからない問題に
あたったとき、問題の解き方などを教えてもらうことができます。

ユーキャンのケアマネジャー講座 詳しい資料はこちらをクリック